沿革

昭和38年7月東京都足立区千住にてタカミ製作所を発足。
構内運搬車を設計製作、主にトレーラーを標準化生産する。
昭和41年4月現在本社所在地に移転、株式会社タカミ製作所とする。
予てから開発していたバッテリーカー及び油圧エレベーター等の生産を開始する。
同時に、多種多様な顧客の要望に応える為、注文仕様による生産体制を整える。
昭和45年6月業務拡張に伴い、社屋を増改築する。
昭和48年1月設備拡充のため小菅工場を建設、従来の社屋を本社工場とする。
昭和60年11月真空注型装置に係る新部門を開設し、小菅工場で生産開始する。